スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 | --/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ページ最上部へ

韓国語の基本助詞

韓国語の助詞は前にくる単語が母音または子音で終わるかによって形が変わるものがあります。

1. 前の単語が母音、子音かで形が変わる助詞

~が
母音+가 : 커피가 좋습니다. (コーヒーがいいです)
子音+이 : 밥이 좋습니다. (ごはんがいいです)

~は
母音+는 : 저는 일본사람입니다. (私は日本人です)
子音+은 : 고향은 도쿄입니다. (故郷は東京です)

~を
母音+를 : 커피를 주세요. (コーヒーをください)
子音+을 : 밥을 주세요. (ごはんをください)

~と
母音+와 : 친구와 같이 갑니다. (友達と一緒に行きます)
子音+과 : 애인과 같이 갑니다. (恋人と一緒に行きます)
話し言葉~하고 : 친구/애인하고 같이 갑니다. (友達/恋人と一緒に行きます)

~へ
母音+로 : 학교로 오세요.(学校へ來てください)
子音+으로 : 이쪽으로 오세요. (こっちへ來てください)

~で <手段>
母音+로 : 버스로 갑니다.(バスで行きます), 지하철로 갑니다.(地下鉄で行きます)
*ㄹで終わる単語+로
子音+으로 : 젓가락으로 먹습니다.(箸で食べます)



2. 前の単語が母音、子音かで形が変わらない助詞

~の : ~의 話し言葉では[e]
이것은 선생님의 안경입니다.(これは先生の眼鏡です)

~に <人> : ~에게 話し言葉~한테
선물을 친구에게 줍니다.(プレゼントを友達にあげます)

~も : ~도
저도 일본사람입니다.(私も日本人です)

~に : ~에
일요일에 갑니다.(日曜日に行きます)

~で <場所> : ~에서
학교에서 공부합니다.(学校で勉強します)

~より : ~보다
서울은 부산보다 춥습니다.(ソウルは釜山より寒いです)

~だけ : ~만
이것만 주세요.(これだけ下さい)

~から : ~부터
9시부터 공부합니다.(9時から勉強します)

~まで : ~까지
6시까지 일합니다.(6時まで働きます)
スポンサーサイト

編集 | 2009/03/26(木) | その他 : 韓國語の理解 | トラックバック(0) | コメント(0)

ページ最上部へ

韓国語の用言(動詞․形容詞)の活用

韓国語の用言の活用

編集 | 2009/03/26(木) | その他 : 韓國語の理解 | トラックバック(0) | コメント(0)

ページ最上部へ

時制(テンス)

韓国語の時制は、基本的に現在、過去、未来に分けられる。
過去は、現在形の述語に「았」、「었」、「였」をつける。

例)
공부하다.( 勉強する)
공부하 + 였 + 다. -> 공부하였다(공부했다.) : 勉強した

살다.( 住む、生きる)
살 + 았 + 다. -> 살았다. : 住んだ、生きた

먹다.(食べる)
먹 + 었 + 다. -> 먹었다. : 食べた

未来は、現在形の述語に「겠」、「을 것」、「을 거」、「ㄹ 거」をつける。

例)
가다.(行く)
가 + 겠 + 다. -> 가겠다.
(未来の時制、意志、推測:行く、行くつもりだ)

가다.(行く)
가 + ㄹ 것 + 이 + 다. -> 갈 것이다.
(決心、推測、予想:行くつもりだ、行くだろう)

가다.(行く)
가 + ㄹ 거 + 다. -> 갈거다. (「갈 것이다」を縮めた形)

編集 | 2009/03/17(火) | その他 : 韓國語の理解 | トラックバック(0) | コメント(0)

ページ最上部へ

肯定と否定

文章の肯定と否定をつくる方法には3通りがある。

1. 이다 ↔ ~이/가 아니다.
だ(である) ↔ ~では(じゃ)ない

例)
한국사람이다. ↔ 한국사람이 아니다.
韓国人だ ↔ 韓国人では(じゃ)ない

2. 있다 ↔ 없다.
いる(ある) ↔ いない(ない)

例)
한국 친구가 있다. ↔ 한국 친구가 없다.
韓国人の友達がいる ↔ 韓国人の友達がいない

3.その他の動詞を否定形にする場合は、述語の前に「안」をつける。

例)
김치를 먹는다. ↔ 김치를 안 먹는다.
キムチを食べる ↔ キムチを食べない

編集 | 2009/03/17(火) | その他 : 韓國語の理解 | トラックバック(0) | コメント(0)

ページ最上部へ

助詞

韓国語の文章で、文法的な機能は助詞によって決まる。

例)
철수가 공을 쳤어요. (チョルスがボールを打ちました)
공이 철수를 쳤어요. (ボールがチョルスに当たりました)

「가/이」は、名詞や代名詞、数詞の後にきて主語をつくる
「을/를」は、名詞や代名詞、数詞の後にきて目的語をつくる

その他の助詞としては、方向や目的地を指す「에」、場所を意味する「에서」、方法、道具を意味する「로/으로」などがある。

例)
서울에 가요.(ソウルへ(に)行きます)
학교에서 공부해요.(学校で勉強します)
택시로 가요.(タクシーで行きます)

編集 | 2009/03/17(火) | その他 : 韓國語の理解 | トラックバック(0) | コメント(0)

ページ最上部へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。